スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<花や咲く咲く>


花や咲く咲く花や咲く咲く
(2013/08/08)
あさの あつこ

商品詳細を見る


あさのあつこさんの新刊です。

今回のお話は、戦前の女学校に通う女の子の物語。
感動しました。
面白かった!・・・って言っていいんかな?
面白いなんて言葉が不謹慎なくらい、
みんな一生懸命、理不尽な世界と向き合っていた。

主人公は三芙美という女学生。
イマドキの女の子。
綺麗なものが大好き、オシャレなファッションが大好き。
だけど、もちろん戦中の「欲しがりません、勝つまでは」。
だけど・・・欲しい。
それって「うちらは、非国民やろか」

旅館を営む母の客が持ってきてくれた綺麗な布に、
闇市で仕入れてきたとは判っていても、心を奪われる。
親友3人とその綺麗な布で何を作ろうか、
考えることはすごい楽しいことなんやけど、
もちろん「秘密」
それって「うちらは非国民やろか」・・・になる。

ほんまに悲しい現実。
なんも現代の女の子と変わりがない。
っていうか、あさのあつこさんの書く少女は、
戦前だろうが戦後だろうが、ぶれずに「少女」なん。
好きなものをスキって言うことが悪いことなん?
楽しいことを考えるだけで非国民なん?
おいしいご飯をお腹いっぱい食べたいっていう願いが、
戦地に行っている兵隊さんに申し訳ない・・・非国民・・・?
ほんまに普通の少女たち。

戦争の悲惨さを描く小説は多いやろうけど、
ここまで普通の「夢」を持った少女を描いた小説って、
珍しいんとちがうかな?
すごく考えさせられた本でした。
けど、それだけじゃなく、純粋に面白かったです(^-^)



(小説 47)
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あくしゅさんへ

了解しました(`▽´ゞ
詳しくはイツコばあちゃん経由で
お願いします!

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。