FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈グラウンドの空〉


グラウンドの空グラウンドの空
(2010/07/17)
あさの あつこ

商品詳細を見る



グラウンドの詩 (単行本)グラウンドの詩 (単行本)
(2013/07/31)
あさの あつこ

商品詳細を見る


前回のマンガ「大きく振りかぶって」から、
なんか野球小説にもハマってしまいました(^∇^)

あさのあつこさんの青春野球小説です(^-^)
「バッテリー」が有名すぎて、
新しいシリーズはどんなんやろうなぁと期待半分、不安半分・・・。

期待通り(^▽^)♪
面白かったです!

「バッテリー」との違いは、
登場人物たちの、出会いに感謝するところ。
広島の片田舎の中学校で野球をしている瑞希と良治。
甲子園を夢見る瑞希の目下の悩みは、
チームにピッチャーがいない!ということ。
先輩が卒業して、戦えるピッチャーがいない。
キャッチャーの瑞希には切実な問題。
そしたら、幼なじみの良治が、
「ピッチャー見つけたぞ!」と。
それが転校生の透哉。

彼は前の学校で・・・というか野球部での人間関係で、
心に傷を負う。
登校拒否になった息子を少し休ます感じで、
自分の生まれた田舎へ転校させた母親。

お互いがお互いを求めて・・・って書くとなんかアヤシイですが(笑)
ホンマに出会いに感謝する。
なんかそれが新鮮です(*^-^*)


(小説 43・44)
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。