FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈要介護探偵の事件簿〉


要介護探偵の事件簿要介護探偵の事件簿
(2011/10/07)
中山 七里

商品詳細を見る


「さよならドビュッシー」のスピンオフ?的な小説です。
文庫版では「さよならドビュッシー前奏曲」として出ています。

スピンオフ・・・なんで、すみません!
「さよなら・・・」のネタばらしが少し絡みます!

この小説の主人公は「要介護」老人です。
介護士のみち子さんと、
「さよなら・・・」でしょっぱな火事で死んでしまった、
香月玄太郎が主に事件を解決する短編集になっています。
そう・・・火事で死んでしまう方・・・。
多分、ほんまにキャラが良くて、
このまま死なすには惜しい、と思ったんやろうね・・・。
作者が思ったんか、読者からの要望なのかは
もちろんわからんけど、確かに、個性的ですごいお方。

やから、なおさら、ハッピーエンドが好きなうちには
キツイ小説でした(爆)
本を借りたときは、もう少し前の話なんかなぁと思ったん。
やけど、事件の何ヶ月前やら、前日やら・・・。
前の話もあって、玄太郎が脳梗塞で倒れて、
半身不随になって車椅子の「要介護」老人になる話もある。

読みすすめていくうちに、
こんなにかくしゃくとした老人が、はたして
「さよなら・・・」の時のような死に方をするだろうか??
と思う。
あまりにもあっけなく死んでしまう。
まぁ、ミステリーなんやから、そんなトコまで考えんなや!
っちゅー話なんですが・・・(汗)

うちにはちょっと・・・なのは、あくまで
前作「さよならドビュッシー」を読んだからで、
この話を単品で読むと良いと思います(^ー^;
元気な老人が、介護者のみち子さんを煩わせながらも
愛情ある話になっています。
・・・ちょっと権力振りかざしすぎなところもあるけど。
昔ながらの頑固じじい、雷親父が好きな方にはオススメです。

                      〈小説4〉

スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。