FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈七つの会議〉


七つの会議七つの会議
(2012/11/02)
池井戸 潤

商品詳細を見る


今年初読みです(^-^)!

前回読んだ池井戸さんの小説、
「下町ロケット」と「空飛ぶタイヤ」は
中小企業の堅実な社長さんが主人公の話やったんやけど、
今回の話は大手の大企業の下請け・・・というか、子会社の話。
子会社と言っても大企業の下やから、それなりに大手で、
たくさんの人が働いている。
そんなたくさんの人の思惑やら考えやら、
ライバル意識やらを、ほんま細かく書き出している。
池井戸さんの特徴なんかな?
登場人物がすごい今回は多くて、
けど、その登場人物すべての生まれや環境、
人格形成に至った過去、バックグラウンドを書き出している。
なんでこの人はこんな考え方をするんやろう?
なんで今回こんな行動を起こすに至ったんやろう?って。
(ほんとにサブ的な人まではさすがに書き出してないけど。)
えぇっ!?その人の過去って、いる??っ的な人もいたり(^-^;
なので、いろんな人物の視点から一つの「事件」を見れて、
すごく分かりやすいんやけど、
感情移入出来るヒマがなかった、というか。
女のうちとしては、感情移入して物語にのめり込みたかったけど、
人物の詳細を描いているようで、
結局事件の真相を追うほうに焦点を当ててるから、
いまいちのめり込めなかった。
一人ひとりはすごい人間味溢れてええねんけど、
「下町ロケット」のように追求した感情じゃないからかなぁ。
って、比べられても困るやろうけど(汗)

それでも面白かったです!
池井戸さんの愛情というか、正義がすごい伝わってくる一冊でした♪

スミマセン!今年からタイトルに本の題名を書いて、
年間冊数のカウントをブログの最後に、
こっそりナンバリングしたいと思います。
・・・というわけで(笑)   小説(1)
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。