スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説<1>

今年最初の読書は三浦しをんさんです!!(^-^)

木暮荘物語木暮荘物語
(2010/10/29)
三浦しをん

商品詳細を見る


三浦さんの新刊です。
アパートの住人の話。
短編やけど連作になってるから、
1人の物語が終わると次・・・とテンポが良いんで
すぐ読めました。
ちょっと有川浩さんの「阪急電車」を思い出しました。
一話完結なんやけど、次の主人公と前の主人公が
微妙に繋がってる・・・というか、脇役で出てくる。
脇役が次の主人公になってたりする。
面白い・・・んやけど、爽快感はないかも。
本の帯に「小暮荘に住みたくなりました」とあるけど、
それ程でも・・・かも。
うーーーん、
三浦さんのマニアックな職業モノ
(林業とか文楽とか便利屋とか社史編纂室とか・・・)は
うちの・・・というか一般の人が知らない世界を
すごくリアルに文脈で体感する事ができる。
描写も細かいし、楽しい事も嫌な事も全部ひっくるめて
主人公の中に息づいている。

けど、今回は題から「小暮荘物語」やから、
小暮荘に住む住人4組の各話やら
その元彼氏やら、バイト先の奥さんやらがからんでくるんで、
なんかまとまりがない。
職業もフラワーアレンジメント(花屋)や犬のトリマー(美容師)や
カメラマンやなんや色々出て来すぎて、
その職業についてはアルバイト程度の知識しか出てこない。

結局は好き嫌いやろうけど(当たり前か・・・)、
マニアックな三浦しをんの世界が好きやったうちには
ちょっと物足りないかんじです。
重いテーマの時もあるのに、サラッと行き過ぎた、みたいな。
けど重たくはないんで、サラッと読むにはえぇ?
次はガツンとマニアックな本、期待してます。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「木暮荘物語」三浦しをん

小田急線・世田谷代田駅から徒歩五分、築ウン十年。空き室あります!安譜請ですが、人肌のぬくもりと、心地よいつながりがあるアパートです。うまい、深い、面白い。三拍子揃った会...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。