スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<花や咲く咲く>


花や咲く咲く花や咲く咲く
(2013/08/08)
あさの あつこ

商品詳細を見る


あさのあつこさんの新刊です。

今回のお話は、戦前の女学校に通う女の子の物語。
感動しました。
面白かった!・・・って言っていいんかな?
面白いなんて言葉が不謹慎なくらい、
みんな一生懸命、理不尽な世界と向き合っていた。

主人公は三芙美という女学生。
イマドキの女の子。
綺麗なものが大好き、オシャレなファッションが大好き。
だけど、もちろん戦中の「欲しがりません、勝つまでは」。
だけど・・・欲しい。
それって「うちらは、非国民やろか」

旅館を営む母の客が持ってきてくれた綺麗な布に、
闇市で仕入れてきたとは判っていても、心を奪われる。
親友3人とその綺麗な布で何を作ろうか、
考えることはすごい楽しいことなんやけど、
もちろん「秘密」
それって「うちらは非国民やろか」・・・になる。

ほんまに悲しい現実。
なんも現代の女の子と変わりがない。
っていうか、あさのあつこさんの書く少女は、
戦前だろうが戦後だろうが、ぶれずに「少女」なん。
好きなものをスキって言うことが悪いことなん?
楽しいことを考えるだけで非国民なん?
おいしいご飯をお腹いっぱい食べたいっていう願いが、
戦地に行っている兵隊さんに申し訳ない・・・非国民・・・?
ほんまに普通の少女たち。

戦争の悲惨さを描く小説は多いやろうけど、
ここまで普通の「夢」を持った少女を描いた小説って、
珍しいんとちがうかな?
すごく考えさせられた本でした。
けど、それだけじゃなく、純粋に面白かったです(^-^)



(小説 47)
スポンサーサイト

<政と源>


政と源政と源
(2013/08/26)
三浦 しをん

商品詳細を見る


政と源というのは、2人の老人の名前。
政は国政といって、元銀行員で定年退職している独居老人。
源は源二郎といって、現役簪職人の老人で、2人は幼馴染。
真面目な政とちゃらんぽらんな源は正反対の性格やけど、
かぜか腐れ縁で、70を過ぎた今でも、お互い行き来している。

老人の話・・・って言うから、なんとなく想像は
有川浩の「三匹のおっさん」をイメージしてたんやけど、
内容は全然違ってました。
三匹のおっさんは、もっと元気な感じ。
しをんさんの書く老人は、「おっさん」ゆうよりも「老人」に近いんやけど、
なんていうか、哀愁があるというか・・・。
うまく説明できませんが、色気があるゆうんかな?
元気さよりも哀愁(笑)
政は仕事人間で家庭を顧みない男やったから、
現在妻や娘から嫌われて別居されていて、
源は40代の頃に妻に先立たれ、子どももおらず1人なんやけど、
弟子がいて、ちょっと家はにぎやか。
2人とも家族愛を求めているんやけど、いないっていう寂しさっていうんかな?
そういう哀愁が、なぜにしをんさん、書けるの!?と不思議になる。
すごい面白い!!・・・ってわけじゃないけど、
じっくり面白い、ゆう感じです(^-^)



(小説 46)

お久しぶりです(汗)

またしてもパソコンの状態が悪く(汗)
一ヶ月ブログを書いてなかった・・・(>_<)

新しい仕事も早、一ヶ月がすぎ、
慣れた様なまだまだな様な・・・(^-^;

まとめて徐々に書いていきます!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。