スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<さいとう市立さいとう高校野球部>


さいとう市立さいとう高校野球部さいとう市立さいとう高校野球部
(2013/08/24)
あさの あつこ

商品詳細を見る


あさのあつこさん、野球小説の最新作です(^▽^)

あっ!!
前回読んだ小説「グラウンドの空」で書き忘れてたんですが、
皆さん気付いてましたか?
なんと、「新聞 赤旗 日曜版」
で掲載されていた小説やったんです!!(≧∇≦)♪
・・・って気付くわけないか。
うちも後付け見るまで気がつきませんでした(汗)

去年やったかな?
あさのあつこさんが赤旗日曜版で小説を書いていると知った時の衝撃!!
・・・の割に、忘れてて新聞では1~2回しか読んでなかったのですが(^-^;
しかも本をさっき読み終わって、やっと「あの時の!?」
と気付くと言う・・・。
日曜版読者で小説のファンだって人もいたみたいなんで、
是非、本になったよ~って教えたいです(^▽^)

さて、本題。

率直に面白かった・・・かというと・・?
すみませんm(__)m普通くらい。

なんというか、意図した書き方なんやけど、
ちょっとついていけない感じ・・・。
あさのあつこさんは児童書出身やから、
書き方がリアルに「少年」になる。
一人称で書かれてて、主人公の勇作が話すように書いてるんやけど、
それが読みづらい・・・( ̄□ ̄;)
温泉好きな少年(っていうか家族)で、
事あるごとに温泉話を練り込んで来る。
もちろん野球の話しもある。

で、話しの中にもあるんやけど、
野球が一番じゃない。
野球も好きやけど、それ以上に温泉が好き。
今回、ちょっといつもと違う点って言ったら、そこです。
主人公の勇作はピッチャーで、実力もあるんやけど、
中学3年生の時の監督に嫌われて、
一年間ほとんど球を投げさせて貰えなかった。
いろんな高校に甲子園に行かないか、と誘われたけど、
野球イコール甲子園とはどうしても思えない。
ただ楽しく野球がしたい。
プラス温泉に入れたらダブルでサイコー!
そんな気持ちもあって、
さいとう高校に入学してからも、野球部には入らなかった。
けど、幼なじみのバッテリー(キャッチャー)一良は
「うちの監督は変わってる」
と言って、野球部に誘う。
そこで野球部監督の鈴ちゃん先生と出会うんやけど・・・。

イマドキ少年の心の描写を書きたかったんやろけど、
思考回路があっちこっちにとんで、
やたらまどろっこしいです。
多分事実だけ普通に書いたら、半分もページいかんのとちゃうかな?
けど、そこが味といえば味やし・・・。

ラストも少しスッキリせん感じで話の流れを持っていったので、
・・・スッキリしません(T_T)

前回の「グラウンドの空」の方が好みでした。


(小説 45)
スポンサーサイト

〈グラウンドの空〉


グラウンドの空グラウンドの空
(2010/07/17)
あさの あつこ

商品詳細を見る



グラウンドの詩 (単行本)グラウンドの詩 (単行本)
(2013/07/31)
あさの あつこ

商品詳細を見る


前回のマンガ「大きく振りかぶって」から、
なんか野球小説にもハマってしまいました(^∇^)

あさのあつこさんの青春野球小説です(^-^)
「バッテリー」が有名すぎて、
新しいシリーズはどんなんやろうなぁと期待半分、不安半分・・・。

期待通り(^▽^)♪
面白かったです!

「バッテリー」との違いは、
登場人物たちの、出会いに感謝するところ。
広島の片田舎の中学校で野球をしている瑞希と良治。
甲子園を夢見る瑞希の目下の悩みは、
チームにピッチャーがいない!ということ。
先輩が卒業して、戦えるピッチャーがいない。
キャッチャーの瑞希には切実な問題。
そしたら、幼なじみの良治が、
「ピッチャー見つけたぞ!」と。
それが転校生の透哉。

彼は前の学校で・・・というか野球部での人間関係で、
心に傷を負う。
登校拒否になった息子を少し休ます感じで、
自分の生まれた田舎へ転校させた母親。

お互いがお互いを求めて・・・って書くとなんかアヤシイですが(笑)
ホンマに出会いに感謝する。
なんかそれが新鮮です(*^-^*)


(小説 43・44)

〈おおきく振りかぶって〉


おおきく振りかぶって (1)おおきく振りかぶって (1)
(2004/03/23)
ひぐち アサ

商品詳細を見る



夏休みの間に娘がハマっていたアニメ。
元、本屋のうちとしては、存在は知っていたけど、
なんで青年(雑誌掲載)漫画の野球漫画なんかを
面白がって観ているのか分からなかった。
・・・ので、アニメは見ずに漫画をレンタルして読みました。

一言・・・。
面白い!!(^ー^;笑)

なんか、従来のスポ根野球漫画と違う!!?
いや、めっちゃスポ根なんやけど、
うちがイメージしていた感じと全然違う。

舞台は高校で、中学の時は祖父の七光り(学校理事やった)で
野球部のエースやった少年、三橋が、
自分の力で野球がやりたい、と、みんなと違う高校に入学する。

その高校は、今年から軟式野球から硬式野球になったクラブで、
チームメイトは同級生ばかり。
監督は女性なんやけど、情熱がハンパない。
顧問の先生は野球に関しては素人なんやけど、
メンタル面のサポートに関しては理論的に教えて実践してくれる。

ヤバい!
うちの好きな「影からの大人のサポート」や!(^▽^笑)

チームメイトも個性的で、でもどこにでもいる感じの高校生で、
悩んだり頑張ったり、過去を克服したり、
すごいリアリティがある。

マンガの高校野球の話ってなんか偏見あったけど(汗)
青年誌やからかな?しっかりしている。
この漫画は面白かったです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。