スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説《19》

ヒア・カムズ・ザ・サンヒア・カムズ・ザ・サン
(2011/11)
有川 浩

商品詳細を見る


帯に、7行のあらすじから始まったストーリ、
と書いてあった。
短編が2本収録されているんやけど、
2本とも同じ「設定」。
主人公は出版社の編集者。
物の記憶を感じることが出来る特殊能力を持っている。
ある時同じ編集者のカオルから、
父親がアメリカから脚本家として帰ってくるんやけど、
一緒に迎えに行って貰いたい、と言われ・・・。

あれ?うちが書いたら5行になった(爆)
今、手元に本が無いのであしからず(汗)
まぁ、こんな感じのあらすじで、
同じなんやけど、違う所は二箇所あって、
1つは主人公の真也とカオルはただの同僚(ライバル)で、
もう1つは恋人同士。
もう一箇所は、カオルの父親が「成功」している事と、
もう1つは「挫折」している事。
それだけで、雰囲気ががらりと変わる。

なんか、帯からしてそうなんやけど、
結構ストーリ重視で、対比を面白がって欲しい、みたいな。
なんか演劇も関係しているのかな?
舞台になりそうな「脚本」的な感じ。
もちろん感情がすごく込められてて、
読み応えがあるんやけど、
うちはもっと短編にせんと(対比せんと)
長編で有川さんに書いてもらいたかったなぁと思いました。
ハッピーエンド好きのうちには、
少し物足りなかったです(^-^;
スポンサーサイト

小説《18》

三匹のおっさん ふたたび三匹のおっさん ふたたび
(2012/03/28)
有川 浩

商品詳細を見る


2年前に「三匹のおっさん」を読んで、
すごい面白かったからこれは続きでるやろうなぁと
思ってたんで、出てくれて嬉しいです(^-^)!

還暦を過ぎた三匹のおっさん(元剣道道場の先生・
居酒屋の元主人・機械に詳しい町工場の主人)が、
自警団を結成し、地元の問題や事件を解決していく・・・ゆう話。
「ふたたび」では娘(40代)のパートの話や、
男やもめのおっさんの見合い話や、地元商店街のお祭りの話など、
事件だけじゃなくいろいろ起こる。
そのつどの短編なんで読みやすいです。
孫が高校三年生で受験生で、その一年間を通しての話やから、
短編やけど、一応全体的に統一感はあります。

うちはおっさん世代(父の世代)はほんまにナゾ。
作者の有川さんにとっても父世代やろうに、
なんでこんなにリアルに書けるんやろうと脱帽!
三匹は個性的やけど、それでもどこにでもいるおっさん。
普通の感覚の常識で動いてるし、孫世代の影響で、
ちょっとは若者にも理解があって・・・。
たったそれだけやのに、すごく面白い。
息子が「俺の父親はかっこいい」と言うんやけど、
かっこいい父親をかっこいいって言えるっていいなぁと思いました。

初・参観日♪

土曜日に小学校の参観日がありました。
mireiは小学校に入って、初めての参観日(^-^)
なので、Amaneには悪いけど、一年生の教室を中心に
授業参観をしてきました。

一年生は国語。
「り」と「に」のひらがなを習っていました。
mireiは書けるけど、やっぱり下手なんで、
こうやって一字一字丁寧に教えてくれて
初めて上達するんやなぁと。
優しそうな先生で良かったです。

三年生は算数。
穴埋めの掛け算をやっていて、参観日のせいか・・・、
このクラスはやかましい・・・!!
まぁ賑やかやった(苦笑)
新しい先生も結構元気な感じの先生で、
クラス全体賑やか!!ゆうかんじやった。
Amaneも例に漏れず。
一番前の席やったけど、ちょくちょく横や後ろを見て、
けど母ちゃんの存在には気がつかず。
mireiは、一回母ちゃんの存在に気がつくと、
嬉しいのか、ちらちら後ろを見てたから、
それもいかんのやけど(^-^;
すごいにっこり笑顔で後ろを見て母ちゃんを探してました。

これからどんどんいろんな事を勉強していってほしいです。

スローな祭り

ブログ書くのが遅くなってしまいました(汗)

先週の14日(土)に民青「手芸部班」(笑)で、
東日本大震災チャリティーの祭りがある、というので
出品者として参加してきました。

当日集まったのは女の子ばかり4名。
高知からも応援に駆けつけてくれた子もいて、
始まる前はドキドキ、ワクワク(笑)
出品物は昨年の赤旗祭りで出した手芸作と、
新しく作ったカバンやポーチなど。
高知の民青の子からは手作り石鹸や
スワロフスキーのビーズで作った
ブレスレッドや指輪などを持ってきてくれました(^-^)

場所は西土佐というところで、
集合場所からは地図を見たら近かった・・・のに、
いざ車で走ったら、中々の細い道やぐねぐね道で
30分は走ったかなぁ(汗)まぁまぁ遠かったです。
で、到着した場所は「四万十楽舎」という、
廃校になった小学校を宿泊施設とカヌー館?に改装した建物。
その前のグラウンドを使ってテントが張ってあって、
その下で各出店さんが準備してて、その一角を使わせてもらう事に。

11時から開始と聞いてたんやけど、
うちらは結局30分くらい遅刻して・・・。
やのになんと、まだ始まっていない感じ。
・・・さすが「スローな祭り」やね・・・!!?
と、みんなで言った事でした(^-^;
ほんまにスローな感じで、ゆっくりのんびり、
歌を歌いながら(聞きながら)ラジオ感覚で話を聞きながら・・・。
当たり前やけど、赤旗祭りとの規模が違う事に
出品慣れしていないうちらは戸惑ってばかりでした(汗)
風も強くてちょっと寒かったのもあって、
娘らは車からほとんど降りてこず・・・。
結局3時までおって、うちは先に帰らせてもらいました。
遠方の子も一緒に乗せて帰ったんやけど、
お祭りの時もそうやったけど、
なんかずっとおしゃべりしてて、それが楽しかった(^-^)♪

民青のみんなでなにかする、ゆうんはあんまりないんで、
こうやって集まってワイワイ出来たんは良かったです。
売り上げは・・・まぁぼちぼち??
次、頑張りたいと思います(汗)

20120414スローな祭6    20120414スローな祭5    20120414スローな祭4

左から、手作り石鹸・折り紙のバラのクリップ・スワロフスキーのアクセ。

20120414スローな祭3   20120414スローな祭2   20120414スローな祭1

リボンのヘアゴム・ポストカード・ポーチなど♪

小説《16・17》

RDG4 レッドデータガール 世界遺産の少女 (カドカワ銀のさじシリーズ)RDG4 レッドデータガール 世界遺産の少女 (カドカワ銀のさじシリーズ)
(2011/05/28)
荻原 規子

商品詳細を見る
RDG5  レッドデータガール  学園の一番長い日 (カドカワ銀のさじシリーズ)RDG5 レッドデータガール 学園の一番長い日 (カドカワ銀のさじシリーズ)
(2011/10/28)
荻原 規子

商品詳細を見る


前回図書館で借りた本の続きが来ました♪
前作までは一冊一話完結やったんやけど、
今回は「学園祭」を通して、二冊が続き物でした。
いっぺんに読めて良かったです。

けど、この小説は・・・どこまで壮大になるのか予想がつかん(汗)
主人公達も壮大な世界に翻弄されて、まだまだ成長中で、
これは長期戦かなぁと思います。
・・・っていうか、長期戦で書いてもらいたい(笑)
主人公の泉水子(いずみこ)の成長を見守りたいです。

祝!本屋大賞2012!

今年の本屋大賞が決定しました!!
なんと、大好きな三浦しをんさんーー!!
「舟を編む」
おめでとうございます!!(^-^)!!☆

うちは昨年の10月にこの本を読んでいます。
ほんまに面白かったんで、選ばれてすごい嬉しい!!
辞書作りを題材にしていて、
内容はちょっとマニアックなんやけど、
本や字に対する愛が溢れた一冊。

うちの本屋にもあるんで、頑張って売りたいと思います(^-^)
おめでとう!!

祝!入学式

mireiの小学校入学式がありました。
無事、一年生になりました(^-^)
ほっと一安心。
今日はダンナも仕事を休んで、2人で参加。

mireiの1年生クラスは23名。
姉ちゃんのクラス、3年生は24名。
5年生が一番多くて25名。
2年が11名、4年が17名、6年が16名、
・・・飛び飛びでみんな兄弟をつくるのか!?(汗)
ちょうど人数の多いクラスのときにうちの子も入って、
なんかにぎやか感が半端ないです。

1年生の担任の先生も優しそうな女性の先生で、
うちらと同年代だそうで、年長さん、2年生のお母さんだそう。

さてさて、mireiの小学校生活はどうなることやら!?
これからが楽しみです(^-^)♪

mirei入学式1   mirei入学式2

小説《15》

空飛ぶタイヤ空飛ぶタイヤ
(2006/09/15)
池井戸 潤

商品詳細を見る


面白かったです!!
「下町ロケット」とどっちが面白かったって!?
甲乙つけがたいです!!
一気に読めました。
次が気になって、展開が良くって、
後半からはほんまに止まらんかった。

けど、基本、下町ロケットとは同じ。
父親の会社を継いだ二代目社長が主人公で、
わからないなりにも一生懸命会社を経営して、
家庭にも問題が起こるが
(夫婦関係は良好やけど、子どもの事で。)
会社の危機と平行して解決に向かっていく・・・。
今回の「危機」も下町・・・と同じで大手有名企業が相手なんやけど、
危機は「事故」で、死者が出ていることが違う。

主人公が運営する運送会社のトラックのタイヤが走行中に外れ、
歩道にいた親子連れの母親に直撃し、死亡させてしまう。
新聞や雑誌にも取り上げられ、
運送会社の整備不良のせいにされてしまうが、
会社の整備は万全で・・・。

これは大手有名(財閥)自動車会社の腐敗を描いてて、
実際に起きたリコール問題と酷似しているそうです。
もちろんフィクションなんやけど、
なんやこのリアリティーは!!?とビックリしてしまう、
会社や世間の状況、風当たりや、他の中小企業の諦めた感じが
(大手の会社にモノを言っても仕方ない・・・的な)
リアルすぎて怖かったです。
やから、余計最後のハッピーエンドは・・・爽快でした(^-^)
もちろん勧善懲悪まではいかんし、
動いている人間の全部が正義のために動いているわけじゃないんやけど、
結果、主人公の頑張りで周りが動かされていく。
面白かったです!!

67歳おとん誕生日!!

4月3日は実家の父の誕生日。
まぁ本音言うといつも忘れる記念日の筆頭なんやけど(汗)
今回は長男も帰ってきているから、
久し振りにみんなで焼肉食べに行こうかぁということになりました(^-^)
長男の仕事は水曜日が休みやと言うので、
一日ずらして、4日の今日に決行。
おとんとおかん、長男と双子の兄と、うちら夫婦+子ども。
次男は・・・というと、おかんに「呼ぼうか」というと
「そこまで(出費の)面倒みれん!」とのこと(笑)
ごめんよ、次男~!!

焼肉をたらふく食べた後は、
ダンナが中学生のバスケの指導で8時に体育館に行く、
と言うので、そこで別れてうちは兄たちと近所の温泉へ♪
Amaneらも一緒やから、のんびり温泉・・・ゆうわけにはいかんけど、
それでも十分ゆっくりできました(^-^)

次はAmaneの誕生日~♪(6月)
「また焼肉行こうね」と言ったら、
「Amaneはうどんがいい」とのことでした(^-^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。