スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説<37>

コーラル城の平穏な日々 デルフィニア戦記外伝2 (C・NOVELS Fantasia)コーラル城の平穏な日々 デルフィニア戦記外伝2 (C・NOVELS Fantasia)
(2011/03/31)
茅田砂胡

商品詳細を見る


デルフィニア戦記の外伝!!
懐かしい面々に会えて嬉しいです!!
やっぱりリィとシェラはデルフィニア世界が一番似合う・・・。

今回の外伝は短編2つと中編(?)1つ。
「ポーラの休日」
「王と王妃の新婚事情」
「シェラの日常」
短編の主人公は愛妾のポーラで・・・、というか、
ポーラの周りで隠れてドタバタやってるリィ達が主人公で(笑)
なかなか平和でした。
もう1編はウォルとリィの新婚時代の話。
中編はシェラの(非)日常を。
色々あったにも関わらず、最後にリィに何か変わったことは?と
聞かれて、ニッコリ笑って「変わったことなど何もありません」と
答えるシェラが完璧に可愛いです(^-^)

あぁーー!どうしよう!!??
デルフィニア戦記、全18巻・・・読み返したくなった・・・!!
スポンサーサイト

小説(25~36)

クラッシュ・ブレイズ シリーズ
茅田 砂胡 著

「嘆きのサイレン」
「ヴェロニカの嵐」
「パンドラの檻」
「オンタロスの剣」
「ソフィアの正餐会」
「大峡谷のパピヨン」
「ミラージュの罠」
「夜の展覧会」
「サイモンの災難」
「マルグリードの輪舞」
「追憶のカレン」
「海賊とウェディングベル」

夜の展覧会―クラッシュ・ブレイズ (C・NOVELSファンタジア)夜の展覧会―クラッシュ・ブレイズ (C・NOVELSファンタジア)
(2007/11)
茅田 砂胡

商品詳細を見る


この前読んだ「ファロットの休日」で
クラッシュ・ブレイズシリーズが最終巻だというんで、
このシリーズの初めから読み返し!
・・・のつもりやったんやけど、
なんと図書館に「ファロット・・・」の前の巻、
「逆転のクラヴァス」と「オディールの騎士」の二冊が
入荷していない!!
うちも全然新刊チェックしてなくて、
図書館にいけば入ってるやろう・・・と思ってたんやけど、
司書さんも、あらほんとねぇ・・・くらいの反応やったんで、
二冊入荷するかどうかも分からないかも(涙)
・・・っていうか、自分で買いなさいって?
確かにこのシリーズに関しては失敗しました!!
うちがこんなにハマルなんて!!
しかもこんなに長い間シリーズが続くなんて!!!(10年以上!!)
初めは友だちがこの本を買っていて、
薦められて読んでハマッたんやけど、
うちが図書館におる時に全巻寄付してくれたん。
その時に図書館でなく個人的に貰ったらよかった・・・。
まぁ、他に読んでくれる方がおるから
結果間違いではないんやけど。
毎年この登場人物の違うシリーズを一気に借りては
読み耽ってしまう。
また年末に大量借りしたいと思います・・・。

一応図書館にあるこのシリーズは全部読んでたんやけど、
ブログに乗せてない本が2冊ありました。
「夜の展覧会」
「追憶のカレン」です。

・・・スイマセン、毎回やけど、このシリーズに関しては
感想が書けない。
ただ、面白かった!!としか。

小説(23)(24)

クラッシュ・ブレイズシリーズ
ファロットの休日」
「スペシャリストの誇り」

茅田 砂胡 著

ファロットの休日―クラッシュ・ブレイズ (C・NOVELSファンタジア)ファロットの休日―クラッシュ・ブレイズ (C・NOVELSファンタジア)
(2010/07)
茅田 砂胡

商品詳細を見る
クラッシュ・ブレイズ スペシャリストの誇り (C・NOVELSファンタジア)クラッシュ・ブレイズ スペシャリストの誇り (C・NOVELSファンタジア)
(2005/03/26)
茅田 砂胡

商品詳細を見る


「ファロットの休日」が新刊で、
シリーズ「クラッシュ・ブレイズ」の完結編だそうです。
完結・・・と言っても題名の通り脇役の
「ファロット」2人が主人公の短編やったんで、いつも通り?
主人公「リー」はちょっとしか出てません。
作者も一応一区切りつけたかっただけ、みたいな感じで、
まだまだこの登場人物での話が書きたいんで、
これからもよろしく・・・みたいな事をあとがきに書いてたんで、
うちとしても一安心。
やっぱり面白い!!
登場人物だれが主役になってもかまわんだけの
個性があるから、まだまだこの人たちの物語が読みたい。

まだまだ読みたい・・・と言えば・・・。
完結したから読み返そうかなぁと思って
このブログの茅田さんのところを見たら・・・!!
なんと読んでない巻があった(自爆!!)
図書館から借りて読んでるんやけど、
じつは最近図書館から足が遠のいていたせいもあって、
3~4冊読んでないのを発見しました(涙)
一冊完結ばかりやから前の巻を読まなくても分かるゆうのが原因!?
ちょっとショックでした・・・。

それとはまったく関係なしに「スペシャリストの誇り」は
「ファロットの休日」の内容にリンクしてるって
書いてあったんやけど、5年前に出た本やから内容をわすれてる・・・。
ので、ファロット・・・を読む前に読み返しました。

両方すごく面白かった!!

図書館が今日リニューアルオープンしたんで、
さっそく借りに行きたいです(^-^)
どんな感じになってるのか楽しみ♪

小説(7)

海賊とウエディング・ベル
茅田 砂胡 著

海賊とウェディング・ベル―クラッシュ・ブレイズ (C・NOVELSファンタジア)海賊とウェディング・ベル―クラッシュ・ブレイズ (C・NOVELSファンタジア)
(2009/03)
茅田 砂胡

商品詳細を見る


女王と海賊シリーズ・・・基、
クラッシュ・ブレイズシリーズです。

今回の主人公は、海賊・・・と表題は打ってるけど、
女王ジャスミンが主人公。
自社でジャスミンに声を掛けてきた幼い少女が、
この物語の引き金。
宇宙海賊が跋扈するので有名な宙域から
少女の祖父と父親、叔父さんの3人が海賊に捕らわれた。
身代金目的じゃない、その他の目的とは・・・?

最初から最後まで、とても楽しく読めました。

この人の小説には爽快感がある。
軽く読める・・・と言ったら、なんだか悪い印象が強いけど、
茅田さんの小説は基礎がしっかりしている分、
地盤が揺るがない、というか、安定して、安心して読める、というか。
うちは基本ハッピーエンドが好きなんで、
そんな人にはほんまにうってつけの作品です。
絶対ハッピーエンド。
現実(S・Fやけど)の厳しさや過去の悲惨な運命や、
その他いろいろあるから必ずしも全部「ハッピー」か、
と言われれば違うかもしれへんけれど、
このシリーズに登場してくる主人公たちが、
そんな逆境や因縁を吹き飛ばすくらい前向きで、
強くて(比喩じゃなく、強い!!)明るい。
「主人公たち」って書いたけど、これも比喩じゃなく
登場人物が揃いも揃ってアクの強い「主人公」
それはこのシリーズが元は別々のシリーズで主役をしていた
登場人物たちが一同に集まって、
時には主役、時には脇役、になっている。
シリーズ自体は一冊完結になっているんで、
多分どこから読んでも話は通じると思います。

小説・・・47~66

今年はなんか「読書」といっても、
ほとんど読み返しばっかしです・・・。
去年はなんか知らん作家さんをいっぱいよんでやろう!!
ってなかんじの意気込みやったのに・・・。
今年は懐かしさのほうが優先されてしまって、
うわーー!!突然あの感動をもう一回味わいたくなった!!
ってゆう勢いで、今回も長編シリーズを一気読みしました。

デルフィニア戦記
茅田 砂胡 著

放浪の戦士 (C・NOVELSファンタジア―デルフィニア戦記)放浪の戦士 (C・NOVELSファンタジア―デルフィニア戦記)
(1993/10)
茅田 砂胡

商品詳細を見る


全18巻。プラス外伝。

なんやろ・・・テッパン?
うちのなかじゃぁ、面白い小説を読みたかったら、
これを読み返したら絶対面白い、みたいな。
うちは基本ハッピーエンドが好きで、
これは戦いやなんやといろいろあるけど、
基本はみんな幸せになる。
後味が悪い・・・ゆうんがない。
やから、何度も読み返したくなるし、
そのつど面白いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。