スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<政と源>


政と源政と源
(2013/08/26)
三浦 しをん

商品詳細を見る


政と源というのは、2人の老人の名前。
政は国政といって、元銀行員で定年退職している独居老人。
源は源二郎といって、現役簪職人の老人で、2人は幼馴染。
真面目な政とちゃらんぽらんな源は正反対の性格やけど、
かぜか腐れ縁で、70を過ぎた今でも、お互い行き来している。

老人の話・・・って言うから、なんとなく想像は
有川浩の「三匹のおっさん」をイメージしてたんやけど、
内容は全然違ってました。
三匹のおっさんは、もっと元気な感じ。
しをんさんの書く老人は、「おっさん」ゆうよりも「老人」に近いんやけど、
なんていうか、哀愁があるというか・・・。
うまく説明できませんが、色気があるゆうんかな?
元気さよりも哀愁(笑)
政は仕事人間で家庭を顧みない男やったから、
現在妻や娘から嫌われて別居されていて、
源は40代の頃に妻に先立たれ、子どももおらず1人なんやけど、
弟子がいて、ちょっと家はにぎやか。
2人とも家族愛を求めているんやけど、いないっていう寂しさっていうんかな?
そういう哀愁が、なぜにしをんさん、書けるの!?と不思議になる。
すごい面白い!!・・・ってわけじゃないけど、
じっくり面白い、ゆう感じです(^-^)



(小説 46)
スポンサーサイト

〈お友達からお願いします〉


お友だちからお願いしますお友だちからお願いします
(2012/08/11)
三浦 しをん

商品詳細を見る



相変わらずしをんさんのエッセイは面白い!(^0^)♪
けど、今回のエッセイは新聞や雑誌のコラムに掲載されたもので、
なんとなく「マニアック」さは薄いかな?
彼女の偏った(笑)知識の深さや造詣が、
なんでこんなに面白いんやろう?
ひとつの話が2ページ程度なんで、
さらっと読めて、クスッと笑えて、すごく良かったです(^ー^)


(エッセイ 21)

〈神去なあなあ夜話〉


神去なあなあ夜話神去なあなあ夜話
(2012/11/28)
三浦 しをん

商品詳細を見る


「神去なあなあ日常」の第2弾!!
都会の横浜出身、高校卒業したばかりの主人公、勇気が、
コンビニもない、携帯の電波も届かないド田舎に連れて行かれ、
林業の仕事を無理矢理やらされる。
勇気はイマドキのちゃらちゃらした、
とくにやりたい事もなく、なんとなくな日々を送ってたんやけど、
神去村に来て、毎日が激変!!
すごい男たちに会って(田舎もんからしたら、多分普通の男たちなんやけど)
林業ってスゲー!!田舎の男たちってスゲェー!!
ってなる(^-^)

今回は勇気もだいぶ神去村に慣れて、2度目の季節を迎える。
ぞこで、前回は生きていくだけで必死やったんやけど、
今回は勇気が「ファンタジー」と言っている、
神去村の七不思議?繁ばあちゃんから聞いた神話や昔話を書いている。
その他、ちょっとした過去や、悲しい事故なんかも一緒に。
ますます勇気が、神去村を好きになる。
村だけじゃなく、勇気のへたれな恋愛話も注目で(笑)

小説(2)

エッセイ《23》

極め道―爆裂エッセイ (光文社文庫)極め道―爆裂エッセイ (光文社文庫)
(2007/06)
三浦 しをん

商品詳細を見る


前回の「三四郎はそれから門を出た」に引き続き、
三浦しをんさんのエッセイです(^ー^)
友だちが「小説よりエッセイが面白い」と
エッセイを集めていて、それを今回まとめて借りました。
…うちは小説のほうが好きなんやけどなぁ(笑)
エッセイも親近感が湧いて好きなんですが。

この頃のしをんさんはまだ職業作家じゃないみたい。
古本屋のアルバイトをしながらの生活らしい。
「格闘する者に○」より前??
でもこの頃から生活スタイルが変わってなくて、
どうしてこの性格であんな青春ものや恋愛ものが書けるのか
すごい不思議(…失礼)

エッセイを読むと
うちは彼女の小説がすごい読みたくなってきます(^ー^)
エッセイ好きの友だち!小説も面白いよ~!(=^▽^=)

エッセイ《22》

三四郎はそれから門を出た三四郎はそれから門を出た
(2006/07)
三浦 しをん

商品詳細を見る


題名だけ見ると夏目漱石…。
全然関係ないです(笑)
しをんさんが雑誌に掲載した書評や日記なんかが
纏めてあります。
この人はホンマに本が好き!!
うちなんか足元にも及ばん…!
けど、似てるとこはあって、
もしかしてうちも独身で実家暮らしやったら
こうなってた!?みたいな(^ー^;
目覚めに読書、食事中も読書、トイレでも読書、
好きな本は買うと我慢が出来ず、道を歩きながら読書。
…うわぁい(汗)うちも全部当てはまる…(自爆)
違うところは、食事のために本を選んだり、
寝るために本を選んだりするところ(笑)
うちは、時間があれば本を読んでいたいけど、
流石に本を選ぶ時間はないんで、
今読んでいる本をとにかく読む!
もちろんなければないで、なんとかなるけど、
なんか「目と頭」が空いてる時間がもったいない(笑)
ご飯中は動いてるのは口だけやし、
お風呂入ってる時間はもちろん空いてるし。
歩きながら読書は、学生の頃によくやってたなぁと懐かしかったです(^ー^;
(大人になってからもやってるしをんさん…スバラシイ)

この人の読書量も半端ないけど、
知識もホンマにすごい。
オタクというか、腐女子というか、
それも極めれば一芸なんやな、と。
こんな楽しい方だからこそ、
みんなを魅了する本が書けるんやなぁと思いました(^ー^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。