スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本屋のお仕事・・・最終回。

今年も来ました!棚卸!!
毎年のことですが、この夏休みのお客さんの多い時期、
本、雑誌、コミック、文具すべての数と値段を書き出していきます。

当日7月31日は水曜日で本の入荷が多いんで、
次の日、8月1日(木)にやりました。
朝7時に支店のスーパーに入り、
(開店は9時)帰ったのが6時の、計10時間労働!!
疲れた~!
なのに、終わってない!!(涙)
今年はバイトの子が足りず、
いつもは3人で数えるところを、2人しかおらず・・・。
無理でね!と、パートのおばちゃんと笑い合うしかなく(苦笑)
仕方なく、次の日も朝8時にスーパーに入って続きをやりました。
なんとか2日(金)に仕事を終えることが出来て、
本屋の仕事、最後を迎える事ができました。

最後!!
辞めることになりまして・・・(^ー^;

どっちにも折り合いをつけられんかった・・・というか。
本屋の方は、経営が苦しくて、配達なんかの事業(?)拡小したい、
ついでに人件費の削減で、短い時間だけ(忙しい午前中だけ)
仕事に来てくれないか、と話を持ちかけられて。
けど、うちはそれじゃあガソリン使って仕事に行くリスクが高くて。

元々、ダンナは本屋の仕事には反対してて、
(いろいろ書けへん訳があるんやけど・・・汗)
うちは「趣味だから!!」と強引に仕事を続けてた。
趣味・・・って言ったらなんやそれ!?やけど。
ほんまに好きな仕事が出来るってゆうんは幸せなんやろうなぁと思う。
ダンナは、仕事はお金を稼ぐ為のモノ!と割り切っている。
お金のために、嫌なことでも我慢している(らしい)。
だから他に充実した趣味があって、休日はそれに費やしたい。
うちは単純、
「本が好き!!」
「本に囲まれたい!!」
「本に囲まれた仕事がしたい!!」
「いつでも本の情報が手に入る仕事がしたいーー!!」
お金?二の次?本が1番やったら、必然的に2番か・・・?
・・・まぁ、これはホンマに恵まれた考え方なんやろうなぁと思う。
だって、やっぱり稼いでくれる人(ダンナ)がおるから出来るんであって。
そんなの分かってて、甘えてた。
っていうか、今でも甘えたい。
究極、何がいかんの!?と開き直りたい気持ち全開で(自爆)

けど、それにしても条件が悪すぎて、
今回、本屋の仕事は辞めることになりました。

目下、悩みは本の事ばかり・・・(涙)
収入が減るんやから、そっちをどうにかしろ!!って感じですが(汗)
再始動は9月からかな?(多分・・・。就職活動どうしよう・・・)
夏休みの間は子守に従事したいと思います(^ー^;

スポンサーサイト

ライバル店閉店の影響・・・。

前回、隣の中堅本屋さんが閉店したことを書きましたが、
10日たって、影響は・・・。
めちゃくちゃある!!(汗)
ちょっと甘く見てました(^-^;

当たり前やけど、本の入荷は近隣地域の情報なんか省みない。
先月、先々月の本の売り上げ、返本率で入荷が決まる。
毎月、毎週入る雑誌っていうのは、
冊数もほぼ決まっていて、
ほとんど決まったお客さんが購入してくれる。
けど、今月に入ってからの雑誌とコミックの減り方といったら・・・!
嬉しいより棚が寂しい、と感じるうちは
商売人失格やろうか(笑)
うちの本屋に来てないだけで、
こんなに本を買うお客さんっておったんやなぁと嬉しく思います(^-^)

で、ライバル店で新たな情報が!
うちは知らなかったんやけど、
その本屋さんも、近くのホームセンターも有しているスーパーの中に、
支店・・・というか、本を置かせてもらってた?
感じのスペースがあったらしく、
そこに閉店した本屋から棚を大量に移動させて、
小さくではあるやろうけど、本屋を残すことにしたらしい。
そこがまだ改装中なんで、どんな規模かわからんのですが。

基本、うちは本屋さん大好き、図書館大好き!!
なんで、本屋がなくなるんはすごい寂しい。
潰しあうんじゃなくて、文化的施設、店舗が増えることで、
町が活性化していったらなぁと思います(^-^)♪

ライバル店が・・・。

1月の初旬くらいに、バイト先の奥さんがみんなを集めて一言。
「○○店(近所の大型?本屋)が閉店するって噂が!!」

うちがバイトしている本屋は、
元は文具屋さんやったんかな?
店長(推定60代後半)が二代目で、
昔は商店街に店を構えてたんやけど、
うちが知る限り、25年くらい前には国道に店を移しています。
・・・多分。(あやふや・・・汗)
うちが二十歳の頃に2年くらいバイトをしていて、
それが15年前・・・。(自爆)
三十歳の時に娘を保育所に入れて、またバイトに行きだしました。
店長と奥さん、常時バイトが4人くらい。
そんな小さな本屋さんの二件隣りに本屋が出来たのが、
うちが15年前にバイトに行きだした時。
うちの本屋はレンタルビデオ(当時はほんまにビデオやった!)
もちょっとだけやってて、
TSUTAYAも近くになかった時代。
二軒隣の本屋もレンタルをやる、と言う事で、
結局対抗は出来んから・・・と、レンタルは止める事に。

圧倒的に本の数や種類では負けてるんやけど、
そこは愛嬌??(笑)
あと、喫茶店や散髪屋、役場なんかに本の配達をしてて、
地域密着型・・・ゆうかんじが功をなして、
地道に営業を続けていた。

今回はほんまに寝耳に水の出来事で、
まさか隣の本屋がー!?とビックリしたんやけど、
うわさは本当で、1月の初旬にそのうわさを聞いたのに、
中旬には張り紙で1月末日で閉店するという告知をしていました。

本はネットでも買えるし、雑誌はコンビニでも買えるし・・・。
ほんまに本屋に未来はないなぁ~と悲しくなります。
本棚をぶらりと見て回って、雑誌を手に取って、
店員と他愛もない本の話をしましょうよ~!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。