スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説《28・29》


硝子の殺人者―東京ベイエリア分署 (ハルキ文庫)硝子の殺人者―東京ベイエリア分署 (ハルキ文庫)
(2006/09)
今野 敏

商品詳細を見る



38口径の告発 (幻冬舎文庫)38口径の告発 (幻冬舎文庫)
(1998/10)
今野 敏

商品詳細を見る


二冊とも今野敏さんの小説です。
一冊目は有名(?)な東京ベイエリア分署、
安積班のお話です。
まだ湾岸署に移る前の、プレハブ小屋にいるときの
安積「ハンチョウ」シリーズ第三弾。
警察小説はほとんど読まんのやけど、
高村薫さんと今野敏さんはなんか別格。
っていうか、他を開拓してない自分が語るなっていう
感じなんやけど(汗)
すごい人間味があって、刑事(合田刑事や安積ハンチョウ)
1人ひとりに親しみが持てる…というか。

今回の話はすでに犯人が捕まっている。
けど、殺害動機が分からない。
テレビプロデューサー(被害者)とやくざの下っ端の
関係性がわからん…のやけど、
のちのち麻薬関連ゆうんがわかってくる。
そこでもいろいろ人間模様があって…面白いです(^-^)
安積班やっぱりすきだ~!
他のも読み直したくなりました。

2冊目の「38口径…」のほうは、
歌舞伎町で開業している医者が主人公。
ある中国人マフィアが銃で撃たれて、
この主人公の診療所へ駆け込んで来た。
シリーズじゃないはずなんやけど、
この先生の話をシリーズで読みたくなりました。
魅力的、ゆうんもあるけど、一冊の本にまとめるには
なんか物足りない…というか。
本当はもっと広げたいけど、枠が小さくて
無理してコンパクトに収めてしまった感があって、
なんか勿体なかったです。
けどもちろん面白かった!

まだまだ友人からおススメされてて
手が出てない今野さんのシリーズがあるので、
(隠蔽捜査シリーズとか)
これから楽しみにしたいと思います(^-^)☆
スポンサーサイト

小説<41>

心霊特捜 (双葉文庫)心霊特捜 (双葉文庫)
(2011/10/13)
今野 敏

商品詳細を見る


今野敏さんは、STシリーズや、
ずっと前に安積班シリーズを読んで知ってました。
で、この作品は、先日の赤旗祭りの時に、
一冊100円で売られていたので、
つい手にとって、面白そうなんで買ってみました。

短編集で、一話完結。
このシリーズで他にも書いてるんかな?と思ったけど、
そうじゃないみたい。
神奈川県警の中にあるR特捜班、心霊事件を担当している、
という噂の特捜班がある。
主人公は刑事総務課の若手、大悟というんですが、
彼はすごい怖がりで、なのにR特捜班の連絡係をやらされている。
特捜班のメンバーもいつもながら個性的で、
これはSTシリーズにも共通するかな?
というか、似ている。

話は全体的に読みやすかったです。
心霊事件といいながら、怖さは全然なくて、
良い感じに人情っぽくなっている気がします。

小説<29>

ST 沖ノ島伝説殺人ファイル  警視庁科学特捜班 (講談社ノベルス)ST 沖ノ島伝説殺人ファイル  警視庁科学特捜班 (講談社ノベルス)
(2010/12/22)
今野 敏

商品詳細を見る


大分前に今野敏さんにハマってて、
安積班シリーズやこのSTシリーズを読んでたんやけど、
なぜかパタンと警察シリーズが読めなくなった・・・。
高村薫さんの合田雄一郎シリーズ(?)や
篠田真由美さんの建築探偵桜井京介シリーズなど、
(古いのを挙げれば島田荘司の御手洗潔シリーズ!!)
サスペンス?ミステリー?的な小説に
自分的に流行っている時期があって、
すごい好きで読んでました。
もちろんその時はスラスラ読めたのに、
一旦読まなくなると、なぜか足が遠のいて・・・。
なのになぜ、久々に読む気になったか、というと、
前回読んだ
「謎解きはディナーの後で」(東川篤哉)
が、あまりにも「本格ミステリー」から程遠かったから!?
消化不良というか(自爆)
なんかモヤモヤしてた時に、図書館に行ったら
新刊コーナーの所にこのSTシリーズの最新刊があったんで
借りてきました。(・・・前書きが長い・・・スミマセン)

STは略で、正式名称が「警視庁科学特捜班」
個性的な面々(変人揃い)で、特殊技能や
特殊能力なんかも持っている5人が、
まとめ役のキャリアの警部(ちょっと腰が低い)と
強面の刑事(警部補)の7人が事件を解決していく話。
この科学特捜班のメンバーは刑事じゃないんで
逮捕する事は出来ない。
ただ、事件を科学的に捜査するだけ。
今回の「沖ノ島伝説殺人」も、
許可なく入る事の出来ない神の島で起きた水死体を、
事故、事件、両方の面で調べていくというもの。

本自体、薄くて、サラッと読めました。
前のシリーズを読んでいたんで、人物相関図が分かっていたから
スルッと読み進められたんやと思います。
すごい面白かった!・・・ゆう訳じゃないけど(失礼)
まぁ、久し振りにミステリーを読んだんで、
これくらいが丁度でした。
安積班を読み返したくなった~!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。